南向きが一番良いとは限らない

賃貸物件の中でも南向き物件は、1日を通して日差しが入るために人気の物件となっています。いつでも洗濯物がよく乾くということや、冬でも1日中部屋が暖かいというメリットがありますが、その反面デメリットもあります。夏場は常に日差しが入るために、冷房効率が悪くなり、光熱費が余計にかかってしまう恐れがあります。南向き物件であれば良い物件というイメージを持ってしまっているのであれば、メリットだけではなくデメリットにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

周りの建物の位置を確認しておこう

賃貸物件の資料に日差しが入る向きが記載されていますが、下見の際に実際にその方角から日差しが入るのかを確認しておきましょう。窓の位置が正しくても、窓を開けると目の前に大きな建物が立ちはだかっており、日差しが一切部屋に差し込まない可能性があります。南向き物件は比較的人気が高く、賃料も少し高めに設定されていることがあるので、無駄に賃料を払うことにならないためにも、賃貸物件の周りの建物の位置を確認しておきましょう。

ライフスタイルに合わせて日差しの入り方を考えよう

場合によっては、南向きよりも東向きの方が良いことがあります。目覚まし時計ではなく、朝の日差しを浴びて自然に目を覚ましたいのであれば、寝室の窓が東側に付いている物件を選びましょう。また、午後にリビングでくつろいでいる時に、日差しを部屋に迎え入れたいのであれば、西向きの方が南向きよりも多くの日差しが入ります。このように、自分のライフスタイルに合わせて、物件の理想の日差しの入り方を考えて下見の際に確認することが大切です。

旭川市の賃貸マンションは防犯セキュリティがしっかりしていて主な防犯セキュリティとしてモニター付きインターホンやダブルオートロック機能が取り付けられています。

Categories: 未分類

Comments are closed.