意外と多いローンの返済不能

注文住宅と言えば、一戸建て住宅の中でも人気がある建て方ですね。今のこの国に住んでいる多くの人にとっては住宅を建てる場合には、できるだけ自分の好みの住宅に住みたいと思うのではないでしょうか?せっかくだから思い通りの設計にしたいという気持ちがあって当然ですね。でも、現実的な話をすると、注文住宅を建築したけども5年以内にローンが払えなくなって家を第三者に売り渡すということが非常に多いのですよ。その理由は一体何でしょうか?

無理があるローンの返済額

お金が返せなくて家を売る人は決まってローンが払えない人ですね。普通、銀行や機構はローンを貸す時に返済不能になるのを恐れてこの人はローンを組むのは無理があるなと判断し時にはローンを組むことはしません。その裏を返せば、ローンの返済不能になっている人も当初はローンの返済能力が十分だったんです。でも、会社をリストラされたり、夫婦のどちらかが病気になり働けなくなったり、ボーナスで多めに返済しようとしていたらボーナスが0になったり、借りた時よりも不利な立場になってしまい返済ができなくなることが多いのです。

出来るだけ無理をしないような造りにする

このように、ローンの返済不能は予期せぬ出来事から起こるわけですが、逆に言えば、予期せぬ出来事が起こったとしても返済できるプランを立てておくべきなんです。夫婦2人が半年間働けなくても余裕で返済ができる額を借りましょうということですね。注文住宅を建てる時にはつい余分なオプションまで付けてしまいがちです。初めての家の購入ですから気合が入るでしょう。でも、事後の返済のことも考えてできるだけオプションは避けるようにするのが一番なんですね。

注文住宅とは家を建てられる方が自由に設計などをできます。しかし、建売住宅は建てられたものを買うので自由に設計をする事はできません。

Categories: 未分類

Comments are closed.